tango freak @tokyo

東京でアルゼンチンタンゴを楽しんでます☆

日本大使館 @ アルゼンチンを訪問!~JUNTOS対日理解促進プログラムに参加中~

f:id:ayako_tipsy:20170119125713j:plain

日本大使館にお邪魔しました。

大使館までは、バスで移動。

残念ながら(当たり前だけれども)撮影NGでございます。

お部屋に入るとき、PCや携帯を預けたりして…。
軽くごあいさつ程度らしいと聞いてたのに、やっぱり、外務省って大変なんだなぁ。と思っていたのですが。。。

 

違った!

 

在アルゼンチン大使の福嶌氏がとても丁寧にお話ししてくださって、それがとても面白かった!
福嶌氏は、アルゼンチンだけではなく、長い間、南米各国に関わっていらっしゃる方でした。お話しをアルゼンチンを南米各国と比較しながらしてくださるのです。だからスケール感があって、またご自分の体験に基づいたお話なので、みんなそれぞれに質問したりして、時間があっという間に経ってしまいました。

(コーディネーターさんが冷や汗かくほどに…。お疲れ様です。ありがとうございます。)

 

↓福嶌氏が在アルゼンチン大使に任命された記事はコチラ

アルゼンチン大使に福嶌氏 :日本経済新聞

 

Facebookページに注力されていることをお聞きしました!
タンゴファンの皆さん、いいねするのだ!!!

https://www.facebook.com/Emb.jp.ar/?fref=ts

 

お話を聞いていて、やはり、政権交代で、日本がアルゼンチンにかける期待の大きさを感じました。
なんといっても経済的な期待です。

 

アルゼンチンは、とてもとても豊かな国。
日本の7倍ある国土、そこに眠る豊かな資源、文化レベルの高い人々。
ただ、これまで、農業大国で、とにかく国民が「食える」ことに困らない。
そのため人々の政治的な関心低かった。

日本で、アルゼンチン産のエビがあるでしょ?
本当は、エビだけじゃない、カニだっていっぱい捕れる、そして、旨い。
でも、まだ、やってない。
はちみつも見たことあるでしょ?

レモンもすごくいいし、酪農にも伸びしろがある。
だって、これまで、真剣に輸出を考えてこなかったから。
輸出に前向きに取り組んでこなかったのに、こんなに豊か。
遊んでいる土地もたくさんある!!!
今がチャンス!

 

とのこと。

 

やはり、自動車、インフラ等の大きな企業の進出がメインだそうですが、
高所得層向けに小さな予算のビジネスも参入にも期待があるそうです。
小さな予算のところは、やはり、良いパートナーを見つけることが重要だそうですよ。
ぜひ、JICAとセントロ・ニッケイにご相談を、とのこと。

 

なんだか、景気のいい話で、ワクワクしちゃいますね。

 

もちろん不安要素もあります。

クオリティのバラつきに取り組まねばならないこと。
そして、何よりマクリ政権への反発がありうること。

でも、そういう不安要素はありながらも、
やはり、アルゼンチンは今、魅力のほうが勝っている、
そういう判断をする企業が多くなってきている、ということです。

 

タンゴしか知らなかったけど、これで、日本とアルゼンチンが、もっと近くなるのかな?
どうか、直行便ができますように☆